本の紹介


2003年夏、ようやく梅雨明けと宣言されたある日の事だった。
けいてつ協會/せんろ商會さまからこのようなメールが届いた。



このたび、弊社製作のJTBキャンブックス新刊【知られざる鉄道2】が発売され
ましたのでご連絡申し上げます。

 この本は、鉄道というジャンルでしたらリニアモーターカーからトロッコまでを扱う
本として6年前に発行されました【知られざる鉄道】の続編となります。
 内容は、更に怪しく!!パワーアップしまして、収録内容は保存鉄道や保存車両。
それに、鉄道に入る・・・?か微妙なモノまで収録いたしました。

 広く大勢の皆様にご覧頂きまして、鉄道の持つ“あやしく隠れた魅力”を感じて
頂きましたら幸いです。

【知られざる鉄道U】

せんろ商會 編著
発行:JTB出版事業局
本体価格: 1700円 (税別)
判型: A5
総ページ: 192ページ
ISBNコード: 4-533-04854-4

「知られざる鉄道U・収録内容」
第1章・楽しく愉快な営業鉄道
第2章・知られざる鉄道スポット
第3章・怪し〜い廃線跡めぐり
第4章・せまいせんろ=ナローゲージ鉄道
第5章・人は乗れません貨物専用線
第6章・鉄道風味なモノ達
第7章・夢の遊覧鉄道
第8章・斜面を登るケーブルカー
第9章・安全なつなわたりロープウェイ
第10章・単軌鉄道というモノレール
第11章・新しい鉄道システム
第12章・鉄道文化を保存する
第13章・ふしぎな鉄道保存車両
特集:思い出の「おとぎ」鉄道

 以上ほか・・・コラム多数


とりあえずお手にとって見ていただきたい。
すでに「鉄道」などというものは語り尽くされている感があるのだが、それは全くの誤解であることがよく判る。
でなきゃ某にゃんこ出版の「レイル我慢人」(?)の「へろへろ」コーナーなんかとっくにネタ切れになっているはずだ。
あるんですよ・・まだまだ・・・
まずは表見返しをご覧頂きたい・・・「ガビ〜〜ン!!」。
こんなのが走って居るんですよ、人知れず。
南部縦貫? いや、こりゃ単端式だよ、しかも人乗せてるし(おっといけない、口がすべった・・)。
当然その筋(?)では有名なネタや、うちで取り上げている物件もいくつか存在する。
しかし、しかしですよ・・こうやって「書籍」になったっていうのはまた違う事ですよ。
そして装幀も「鉄ちゃん専用」っていう感じではないので、多くの人に手にとっていただけるはず。
そうなればさらなる「知られざる鉄道」の報告が色々な形で発表されると、このように思っております。

今回は残念ながら前回のような「一覧表」はついていない。
次があるなら付けて欲しい所なのだが・・・。
いや、もしかしたら今回は「わざと」付けなかったのかもしれない。
未だ知られていない、新しい形の「鉄道」は今も現実に増え続けているのだから・・・


「楽しい遊覧鉄道:トップ」に戻る